3位から日本S進出、DeNAの戦力整理 元開幕投手は引退、ドラ1が複数戦力外 | NewsCafe

3位から日本S進出、DeNAの戦力整理 元開幕投手は引退、ドラ1が複数戦力外

スポーツ ニュース

DeNAを戦力外となった久保康友【写真:荒川祐史】
■レギュラーシーズンは貯金8で3位、日本シリーズでソフトバンクに惜敗

 セ・リーグ3位からクライマックスシリーズを突破し、日本シリーズまで駒を進めたDeNA。19年ぶりに立った日本シリーズの舞台では、パ・リーグ王者ソフトバンクと激戦を展開。3連敗後の2連勝で一矢報いたが、第6戦で力尽き、日本一には届かなかった。

 シーズンは73勝65敗5分で貯金8を作ったが、首位の広島とは14.5ゲームの大差をつけられた。来季狙う悲願のリーグ優勝には戦力強化は必須で、10月のドラフトでは12球団最多の9選手を指名。ホセ・ロペス内野手、スペンサー・パットン投手、ジョー・ウィーランド投手、エドウィン・エスコバー投手の4外国人の残留が決まっている。

 その一方で、戦力整理も着々と行なっている。“松坂世代”の1人である久保康友投手や、2013年ドラフト1位の柿田裕太投手、そして松本啓二朗外野手や山崎憲晴内野手らに戦力外通告。2012、2013年と2年連続開幕投手を務めた高崎健太郎投手ら4選手が引退を決断した。フィル・クライン投手、アウディ・シリアコ内野手、エリアン・エレラ内野手と外国人3選手も自由契約とし、実に14選手(水野滉也は育成で再契約)がチームを去ることになった。
《Full-count》

特集

page top