大阪市と吉本興業がタッグ 新プロジェクトを発表、大崎社長「世界に楽しいメッセージを」 | NewsCafe

大阪市と吉本興業がタッグ 新プロジェクトを発表、大崎社長「世界に楽しいメッセージを」

芸能 モデルプレス/ent/wide/show

包括連携協定締結式 (提供写真)
【大阪市、吉本興業/モデルプレス=11月22日】22日、大阪市と吉本興業が市民サービスの向上および地域活性化を目的とした包括連携協定を締結するため、大阪市役所にて締結式が開催。式には吉村洋文大阪市長、大﨑洋吉本興業代表取締役社長らが出席。タッグを組んで取り組むさまざまなプロジェクトについて発表された。

【さらに写真を見る】式の様子

吉本興業では、地域の活性化をはかるため、大阪市の24区に住みます芸人を配置し、地域協議会と連携した活動を展開することを発表。式にはさっそく、24組の住みます芸人が呼び込まれ、自己紹介がてら各区のひとことアピールが行われた。

吉村市長は、「皆さんの活動しだいで大阪の未来が変わってくる」とエール。「本当に住んでらっしゃる方が活動していただけるのがありがたい。大変だと思いますが、大阪を元気にしてもらいたい」と呼びかけた。

◆桂文枝「創作落語プロジェクト」の発足を発表
《モデルプレス》

特集

page top