朝食後に下痢をしてしまう…考えられる原因4つ | NewsCafe

朝食後に下痢をしてしまう…考えられる原因4つ

ビックリ ニュース

朝食後に下痢をしてしまう…考えられる原因4つ
原因3.下痢をするような食事内容
食事の内容によっては、すぐに消化することができずに消化不良を起こし、下痢をしてしまう可能性があります。例えば牛乳やチーズのような乳製品、刺激物を含んでいるカレーや唐辛子、カフェインなど…。過敏性腸症候群を患っている人などは、腸に刺激が加わることで消化不良を起こし、下痢をしてしまいます。朝食にはなるべく、刺激の加わらない野菜や果物類を選ぶと良いですね。

原因4.起きてすぐに食事をしている
起床からさほど時間を空けずに食事をしている…ということはありませんか?起きたばかりの状態だと、胃腸がまだ休んでいる状態ですから上手く活動できません。もしもその状態で食物を入れてしまうと、胃腸に負担がかかって消化不良を起こしてしまいます。起床から朝食までは、なるべく時間を空けましょう。1時間くらいの余裕は欲しいところです。また、寝起きに白湯を飲むと胃腸の活発を穏やかに促すことができますよ。




writer:さじや
《サプリ》

特集

page top