来年1月の月9「海月姫」に早くも不安要素だらけ!? | NewsCafe

来年1月の月9「海月姫」に早くも不安要素だらけ!?

社会 ニュース

来年1月の月9「海月姫」に早くも不安要素だらけ!?

来年1月から始まるフジテレビの“月9”ドラマ『海月姫』に、ファンのあいだからは早くも不安だという声が広がっている。


【関連】 フジテレビ次期月9ドラマに芳根京子が抜擢された理由 ほか

主演には、朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』(NHK)で主役を務めた芳根京子がキャスティングされることがすでに発表されている。若手女優のなかでも演技派といわれる芳根だけに、ドラマへの期待は高まっているのだが、原作漫画の『海月姫』自体が実写向きではないといわれているのだ。


「『海月姫』は2014年に能年玲奈(現=のん)が主演で実写映画化されました。能年のほかにも、菅田将暉、池脇千鶴、太田莉菜などの人気キャストをそろえたにもかかわらず、興行成績はたった4億円と大失敗に終わっています。能年の“あまちゃんパワー”に過度な期待をし過ぎたとの見方もありますが、ファンのあいだでは、菅田将暉のキャスティングが不評だったといわれています」(芸能記者)


《まいじつ》
page top