イモトアヤコと内村光良「超過酷ロケ」を乗り越え驚愕の声 | NewsCafe

イモトアヤコと内村光良「超過酷ロケ」を乗り越え驚愕の声

社会 ニュース

イモトアヤコと内村光良「超過酷ロケ」を乗り越え驚愕の声

11月19日にバラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)が放送され、内村光良とイモトアヤコのコンビが22キロの山道を走り、5キロの遠泳をしてみせた。これに視聴者から絶賛する声が相次いでいる。


【関連】 代役が好評!? 「珍獣ハンター」イモトアヤコにピンチ迫る ほか

内村とイモトは鹿児島県屋久島の縄文杉登山ルート(距離22キロ、往復10時間)の踏破に挑戦。ロケの日はちょうど、台風が接近中で、最悪のコンディションだった。テレビカメラも3台壊れ、スタッフは企画の中止も検討していたが、ふたりは「(使うカメラは)iPhoneでもなんでもいいから映像をとりたい」と企画の決行を要請した。


《まいじつ》
page top