最年長野手イチローの「5つ星」超美技 MLB解析システム選出の今季名場面に | NewsCafe

最年長野手イチローの「5つ星」超美技 MLB解析システム選出の今季名場面に

スポーツ ニュース

FAとなり去就が注目されるイチロー【写真:Getty Images】
■MLB公式サイトが今季名場面をプレイバック

 MLB公式サイトが2017年シーズンを振り返る映像特集の中でメジャー最年長野手としてプレーしたイチロー外野手が披露した美技が「5つ星キャッチ」として取り上げられている。

 同サイトは「スタットキャスト」により高評価を受けた今季の名場面を振り返る動画特集の中で、同システムから「5つ星」の評価を受けたイチローの好プレーを改めて紹介した。

 今季までマーリンズでプレーしたベテラン外野手が魅せたのは5月3日の敵地レイズ戦だった。「9番・右翼」で先発したイチローは4点リードで迎えた9回2死一塁の場面でソウザJrの一塁後方へのフライに果敢にダッシュ。落下点を正確に見極めると、スピードを緩めずに滑り込み、地面すれすれで打球をグラブに収めた。

 この時、試合を中継した米FOXスポーツの解説者、ブライアン・アンダーソン氏も「イチロー・スズキが右翼からはるばるやってきました。完璧なタイミングでした!」と大絶賛。試合後はMLB公式動画サイト「Cut4」でも特集されていた。

 この美技について「スタットキャスト」はイチローが最初の守備から107フィート(約32.61メートル)を5.3秒で走ったと分析し、キャッチ率21%と算出している。(Full-Count編集部)
《Full-count》

特集

page top