「先に生まれただけの僕」視聴率アップの鍵は高嶋政伸の怪演!? | NewsCafe

「先に生まれただけの僕」視聴率アップの鍵は高嶋政伸の怪演!?

社会 ニュース

「先に生まれただけの僕」視聴率アップの鍵は高嶋政伸の怪演!?

現在放送中の連続ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)は、主演の櫻井翔演じる鳴海涼介が、偏差値44の京明館高校を再建させる茨の道を描く学園ドラマだ。


【関連】「先に生まれただけの僕」いじめ問題のあり得ない解決法

「鳴海は商社の樫松物産に勤務しているのですが、人事異動で系列の京明館高校へ校長として赴任させられており、高校の経営を黒字化させることに腐心していくという設定です。そして、鳴海の直属の上司である加賀谷圭介(高嶋政伸)が、鳴海に敵対する役で登場します。この加賀谷は目付きが鋭くて、動きはシャープ、語気も荒く、常に鳴海に立ちはだかります。ヒール役をやらせたら天下一品の高嶋の面目躍如といった感じです」(芸能関係者)


11月11日放送の第5話では、受験生(中学3年生)向けのオープンキャンパス開催を知った鳴海が、生徒たちにもイベントに協力してもらい、京明館高校の魅力をアピールしたいと教師たちに提案する。さらに鳴海は、樫松物産社長の原貴一郎(小林勝也)にもオープンキャンパスに来てほしいと直訴した。しかし、そんな鳴海の行動が疎ましい加賀谷は、スパイのごとく校内で鳴海に反発している教師の名前を聞き出そうとする。


《まいじつ》
page top