犬が散歩中に飼い主を見上げてくるときの心理とは? | NewsCafe

犬が散歩中に飼い主を見上げてくるときの心理とは?

ビックリ ニュース
犬が散歩中に飼い主を見上げてくるときの心理とは?
犬が散歩中に飼い主を見上げてくる時の心理


愛犬と散歩をしている時、愛犬の方を見るとこちらをチラチラ見てくるということはありませんか?「何か伝えたいことがあるのだろうけれど、何を伝えたいのかいまいち理解できない」という人も多いはずです。


今回はそんな散歩中に犬が飼い主を見上げてくる時の心理を5つご紹介しますので、これらを参考に愛犬の様子や周囲の状況から、どれに当てはまるか判断しましょう。

1.異変を感じている


もしも散歩中、急に立ち止まり、しばらく経ってから飼い主をジッと見上げてくるようであれば、何か異変を感じている場合があります。


犬にとって、いつも歩いている散歩コースは自分の縄張りでもあります。自分の縄張りの中で、いつもとは違う違和感を感じ取ったために、一度立ち止まり、周囲を注意深く観察しているのです。


そして周囲を観察した上で、リーダーとして認識している飼い主の方を見上げ、どうするべきかを尋ねている状態なのです。まずは大丈夫という意味を込めて、隣にしゃがみ込み、撫でてあげることで犬を落ち着かせましょう。
《わんちゃんホンポ》

特集

page top