「妻が自分を殺そうとしている」と知った夫が強烈カウンター! “死の偽装” までして妻を刑務所にぶち込む展開がまるで映画!! | NewsCafe

「妻が自分を殺そうとしている」と知った夫が強烈カウンター! “死の偽装” までして妻を刑務所にぶち込む展開がまるで映画!!

ビックリ ニュース

「事実は小説より奇なり」という言葉があるが、時には、まるで映画に登場しそうな現実離れした出来事が起こることもある。

なんでも、ある女性が夫の息の根を止めようと殺し屋を雇い、その事実を知った夫が自分の死を偽造する事態が発生。FBIまで絡んで、映画のシナリオ並みに展開にした事件がスゴすぎるので、紹介することにしたい。

・妻が夫殺害を計画して殺し屋を雇うが……
豪ニュースサイト『news.com.au』によると、夫を殺そうと殺し屋を雇ったのは、メキシコ出身で43歳のマリア・ルル=ソサ。米テキサス州ヒューストンに住む夫ラモーン・ソサさん(50歳)は、サルサクラブで出会った彼女に一目惚れして、2010年に彼女と結婚。

ボクシングジムを経営していた彼のビジネスが落ち込んだ時期があり、マリアは夫の息の根を止めて資産をせしめようと目論んでいたのだ。そして、グスタボという男に連絡を取り夫の殺害を依頼するが、奇遇なことに彼はラモーンさんの知人で、本人に妻の殺害計画を明かしたのである。
《ロケットニュース24》

特集

page top