にんにく・生姜の「ひとかけ」と調味料の「ひとつまみ」の目安とは? | NewsCafe

にんにく・生姜の「ひとかけ」と調味料の「ひとつまみ」の目安とは?

ビックリ オリーブオイルをひとまわし
にんにく・生姜の「ひとかけ」と調味料の「ひとつまみ」の目安とは?
  • にんにく・生姜の「ひとかけ」と調味料の「ひとつまみ」の目安とは?

オリジナルサイトで読む >

にんにく・生姜の「ひとかけ」と調味料の「ひとつまみ」の目安とは?

料理のレシピでみかける、「にんにく ひとかけ」や「生姜 ひとかけ」。具体的に何を指すのか、どのくらいの量なのか、迷った経験は誰しもあるだろう。また、「ひとつまみ」、「ひとつかみ」、「少々」、「適量」、「適宜」も、どうとらえたらよいのだろうか。レシピの表記について解説する。

1. にんにくひとかけとは

にんにくは、「花茎」とよばれる上に突き出た茎を中心として、「鱗片」とよばれる小房がそれぞれ薄皮をかぶった状態で取り囲んでいる。にんにく1個あたりの鱗片の数は品種によって数個~十数個で、大きさも異なる。

  • にんにくひとかけ:小房に分けた鱗片ひとつ分。重さは、約5g。
《オリーブオイルをひとまわし編集部》
page top