犬の味覚は年齢によって変化する?老犬の食事のポイント | NewsCafe

犬の味覚は年齢によって変化する?老犬の食事のポイント

ビックリ ニュース

犬の味覚は年齢によって変化する?老犬の食事のポイント
老化現象といえばどういったことが思い浮かぶでしょうか。足腰や脳の衰え、視覚や聴覚など様々な器官が年齢と共に衰えていきます。もちろん犬も人間と同じように様々な器官に変化が見られます。今回はそんな中でも感覚器官の一つである「味覚」の変化についてです。


犬の味覚はどのように変化していくのか、またそんな老犬の食事のポイントをご紹介します。

犬の味覚


そもそも犬の味覚はどれくらいの感度なのかご存知でしょうか。味覚を感じることができるのは、舌にある「味蕾(みらい)」と呼ばれる細胞のおかげです。この味蕾ですが、人間には約1万個、犬には1700個ほどあるといわれています。つまり、犬が感じることができる味覚は人間の5分の1ということになります。人間よりも味覚の精度は落ちますが「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」といった「味の違い」は犬も感じることができます。人間と異なるのはその精度と「旨味」を感じることはできない点だといわれています。
《わんちゃんホンポ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top