特例贈与財産と一般贈与財産では異なる!正しい贈与税の計算方法をチェック | NewsCafe

特例贈与財産と一般贈与財産では異なる!正しい贈与税の計算方法をチェック

経済 ニュース
2015年以降、一定の要件を満たす特例贈与財産にかかる贈与税に対しては、特例贈与財産以外の一般贈与財産にかかる贈与税とは異なる税率が適用されます。しかし、2015年までは1種類しかなかった贈与税率が、2種類になったことはあまり知られていないのではないでしょうか。ここでは、贈与税についてご説明いたします。

<目次>
■特例贈与財産とは
■一般贈与財産とは
■特例贈与財産の贈与税の計算方法
■一般贈与財産の贈与税の計算方法
■特例税率が適用されるかどうかを確認

特例贈与財産とは

◆特例贈与財産とは
特例贈与財産とは、簡単にいうと両親や祖父母などから贈与を受ける財産のケースを指します。この特例贈与財産には、そのほかの贈与よりも低い税率の適用が可能です。

◆特例贈与財産の要件
特例贈与財産として低い税率の適用を受けるには、次の2つの要件を満たさなければなりません。
・贈与者の要件
 受贈者の直系尊属(父母、祖父母、曽祖父母など)であること。
《@niftyわたしのマネー術》

特集

page top