パートナーと女友達との関係に、不安を感じています【心屋仁之助 塾】 | NewsCafe

パートナーと女友達との関係に、不安を感じています【心屋仁之助 塾】

ビックリ ニュース

メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたココロが ほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。今回は、「パートナーと女友達の関係に不安を感じています」という、あーしんさん(34歳・会社員)に、心屋塾上級認定講師の坂崎ひでこさんからアドバイスをいただきました。


© fizkes - stock.adobe.com


■あーしんさんのお悩み
私はバツイチ子持ちで彼氏がいますが、彼は女友達がとても多く、よく2人で飲みに出かけます。 大抵は居酒屋とカラオケに行って、深夜3時過ぎに帰ってきます。女友達と行くことも行く場所も報告はしてくれますが、不安でたまりません。彼氏は「本当に何もないし、女友達だから感情もない」と言います。

私がうるさいので、彼は携帯内のメッセージ等は消しているみたいです。「めんどくさいから隠すのはしょうがない」そうです。本当に何もなさそうではありますが、彼が女友達と飲みに行くと過呼吸になることもあります。どうすれば気持ちを切り替えて、寛大にいれますか?

※一部、質問内容を編集しています。


■心屋塾上級認定講師の坂崎ひでこさんより

あーしんさん、こんにちは。心屋塾認定講師 坂崎ひでこです。

どうすれば気持ちを切り替えて、寛大になれるかとお尋ねですね?

ということは、あーしんさんは「切り替え上手で寛大になったら、悩みから解放されて幸せになれる」と思っているのですね。

しかし、本当の望みは「彼と楽しい時間を過ごしたい、女友達よりあーしんさんとの時間を優先してほしい」ということのように思えます。「でも、そんなわがままを言ったら迷惑だし彼に嫌われる……」。そう思って我慢しているのではないでしょうか。

今のあーしんさんに必要なのは、「寛大になること」ではなく、「わがままになること」です。

あーしんさんは現在、仕事、子育て、家事、すべてを一人でやっていらっしゃる。どれかひとつでも大変なのに、ここまでよく頑張ってこられましたね。

本当は彼に相談したいし、頼りたい、甘えたい。ひとりの時間もほしい。でも申し訳ないし、わがままを言ったら迷惑だろうから、遠慮して言いたいことを飲み込む。

言いたいことを言わずに我慢しているとどうなるか。本音ではなく「それっぽいこと」を遠回しに伝えて、どす黒い”わかってよオーラ”を漂わせるようになります。


私は、この”どす黒いオーラ”のベテランです。自覚なく長年やってきました。

彼にうるさがれるということは、彼は、あーしんさんが「もっと仲良くしたいし、助けてほしいと思っていること」を知らない可能性があります。

「もっと一緒にいたい」「さみしいな」と言う代わりに、「どこ行ってたの? 何してたの? なんであんな女といるの?」と質問責めにしてしまう。そしてますます、彼はその女性のところに行ってしまう……。

深夜3時まで一緒にいるということは、その女友達は自分の都合で、あーしんさんの彼氏を引っ張りまわしているのですよね。彼氏だって仕事があるだろうに。

ひょっとしたらですが、彼はそうやって頼られたり、わがままを言われたりすることが、内心うれしいのかもしれません。もしかしたら、あーしんさんの遠慮が、彼にとってはよそよそしく感じられて、寂しいのかもしれません。

あーしんさんは、おそらく彼に対してだけでなく、色々な場面で、周りに迷惑をかけないよう頑張ってこられたのではないでしょうか。

ひとりで頑張るクセがついている人は、どうやって頼っていいか、どこまで頼っていいか分からないもの。まずは「自分が一人で頑張るクセがあること」「遠慮が標準装備である自分」に気づくことです。

気づいたら、彼にお願いをしてみる。頼みやすい小さなことで構いません、例えばペットボトルのふたをあけてもらう、荷物を持ってもらう、などなど。

頑張り屋さんは「これぐらい、自分でできるから」と、ついつい何でもひとりでやってしまいます。そして小さな無理を重ねて、いつどうやって人に頼ったらいいのか、わからなくなってしまいがちです。

自分の頑張りグセに気づいて、ちょっとずつわがままになる練習をしてみてください。あーしんさんが迷惑だと思うことをすればするほど、彼との楽しい時間が増えていくように思います。

・このカウンセラーのブログを読む

《ウーマンエキサイト》

特集

page top