『自称外国人』のデーブ・スペクターさんが選挙報道に苦言!「遅いだろう!全く役に立たない」 に賛同の声多数 | NewsCafe

『自称外国人』のデーブ・スペクターさんが選挙報道に苦言!「遅いだろう!全く役に立たない」 に賛同の声多数

ビックリ ニュース

台風が日本列島を縦断するなかで、投票日を迎えた第48回衆議院選挙。結果は小池都知事の「希望の党」は失速し、自・公が大勝する結果となった。投票日の2017年10月22日20時から開票速報が流れ始め、テレビ各局は選挙特番の放送を開始したのだが、そんななか、ある人が選挙報道に苦言を呈した。

その人物とは、埼玉県出身説もあるアメリカ人ジャーナリストのデーブ・スペクターさんである。彼の発言に賛同の声が多数上がっている。

・デーブ・スペクターさんのツイート

「前に言いましたが、選挙終わってから候補や政党や支援団体のことを特番で見せられてもどうしろと言うんですか? 遅いだろう!全く役に立たない。メディアが公職選挙法の改正を大優先にしないなら開票特番やめて全部アニメでいいです。オチはありませんm(__)m」

この内容に賛同するコメントが相次いでおり、リツイート・いいね! ともに3万件を超す反響を呼んでいる。

・選挙後に特番
たしかに民放では、選挙後にこぞって候補者や党首をスタジオに招いたり中継をつないだりして、今後の政党運営や政策について尋ねている。だが、「それらは選挙前にこそ報じられるべき」と感じている有権者は少なくないだろう。

とにかく、自身もメディアに携わるデーブさんの発言には説得力がある……と感じたのは私だけだろうか。

参照元:Twitter @dave_spector
執筆:佐藤英典
《ロケットニュース24》

特集

page top