「再生野菜」生活はいかがですか?魅力、育て方、種類・・・徹底解説 | NewsCafe

「再生野菜」生活はいかがですか?魅力、育て方、種類・・・徹底解説

ビックリ オリーブオイルをひとまわし

「再生野菜」生活はいかがですか?魅力、育て方、種類・・・徹底解説
  • 「再生野菜」生活はいかがですか?魅力、育て方、種類・・・徹底解説

オリジナルサイトで読む >

「再生野菜」生活はいかがですか?魅力、育て方、種類・・・徹底解説

再生野菜、という言葉を聞いたことがあるだろうか。簡単に言えば切り落とした野菜のヘタ等からもう一度出てきた葉や芽を再収穫することである。台所に少し緑があるだけでも嬉しいものだ。節約にもなって一石二鳥の再生野菜を育ててみよう。

1. 再生野菜の魅力

秘密は生長点

それぞれの野菜には「生長点」と呼ばれるポイントが存在する。茎の先端、葉の生え始め部分等植物が一番勢いよく成鳥する部分のことで、ここを切断されると野菜は必死で伸びようとするため、再収穫が可能になるという仕組みだ。

簡単に始められる

育て方がシンプルなのも再生野菜の魅力のひとつだ。ほとんどの野菜は美味しく食べたら後は水耕栽培=水につけておくだけで勝手に伸びて行く。こまめに水を換え、日光を当てるだけで大丈夫だ。後で再生野菜に利用しようと思っている時は、根本や葉の中心部等に少し余裕をもって切り落とす工夫をしておこう。水耕栽培する容器はプラスチックの食品空き容器で十分である。

2. 具体的な育て方と種類

一体どんな物が育てられるのだろうか。育て方と種類をまとめてみた。

大きく3つの種類

再生野菜には葉物野菜、薬味野菜、根菜の3つの系統がある。初心者に得におすすめなのは豆苗だ。葉物に属するが、切り落とした根の部分を入れたパックに水を満たしておけばあっという間に再生する。葉物野菜はちょっとした副菜に使えるので便利で、小松菜・チンゲン菜・モロヘイヤ・水菜・三つ葉・クレソン・キャベツ・ブロッコリー・白菜等が代表だ。内側の新芽の部分を少し残した状態にするのがベストである。薬味野菜ならネギ・にんにく・わさび・しょうが等が再生する。にんにくやしょうがは葉の部分を食べるイメージだ。根菜類は大根・人参・カブ・ゴボウ・山芋等で、こちらも葉の部分の再生となる。

基本的に水でOK

根本やヘタは数余裕をもって切り落としておく。全てが浸かると言うよりは水を薄く張る程度にしよう。野菜や容器はよく洗い、水をこまめに取り換えるようにする。水が少ない分水切れを起こすと折角の葉が枯れてしまう。また、山芋やゴボウはプランターで土工栽培にすると尚良い。

3. 再生野菜の再収穫と利用

毎日きちんと水を換えること、日当たりのいい場所で育てることに気を配って育てよう。

再収穫までの日数

よほど発育の早い葉物や少し彩りに使う程度なら数日で育つものもある(豆苗や三つ葉等)。おおよそ1~2週間で再収穫出来るはずだ。また、本格的に元気にしたい人は水に混ぜるタイプの液肥を与えると良いだろう。遅い物は1か月以上掛かるが、成長を楽しむのもまたいい物だ。

利用方法あれこれ

そんなに大量の収穫は難しいが、おひたしや炒め物の具には大活躍するはずだ。また、人参や大根の葉部分を食べたことがある人はそんなに多くないだろうが、柔らかくてクセがない。味噌汁やスープの具に最適だろう。白菜やキャベツなら上手に育てれば大きな葉が出て来る。そのタイミングで土に植え替えればより収穫量も増やせる。炒め物に使えるので育てるのが楽しいだろう。

再生野菜の注意点

カビや野菜本体が腐るのは再生野菜の大敵である。水換えの時容器や本体のぬめりを良く洗い落とすようにしておこう。本体が黒ずんできても問題ないが、カビが発生したら潔く捨てた方がいい。また、衛生的にも市販品のように行えるわけではないので、食べる時は加熱して食べよう。

結論

再生野菜の一番の楽しみはやはり自分で育てるという点にある。根菜は根を食べたことがあっても、葉の部分がどう生えてどんな形か見たことない人も多いだろう。キャベツや白菜なら可食部の葉が伸びず、とう立ちして花が咲いてしまうこともある。再生野菜を育てる過程で子供達も野菜のパワーを感じてくれるに違いない。例え食べられなくても、台所に小さな緑があるのは心が和む光景なのである。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

《オリーブオイルをひとまわし編集部》
page top