知られざる画家“オットー・ネーベル”日本初の回顧展「Bunkamura ザ・ミュージアム」にて開催! | NewsCafe

知られざる画家“オットー・ネーベル”日本初の回顧展「Bunkamura ザ・ミュージアム」にて開催!

芸能 シネマカフェ/最新ニュース/スクープ

知られざる画家“オットー・ネーベル”日本初の回顧展「Bunkamura ザ・ミュージアム」にて開催!
  • 知られざる画家“オットー・ネーベル”日本初の回顧展「Bunkamura ザ・ミュージアム」にて開催!
  • オットー・ネーベル 《ナポリ》『イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)』より、1931年、水彩・紙、オットー・ネーベル財団
  • オットー・ネーベル 《聖母の月とともに》1931年、グアッシュ・紙、ベルン美術館
  • オットー・ネーベル 《地中海から(南国)》1935年、水彩・紙、厚紙に貼付、オットー・ネーベル財団
  • オットー・ネーベル 《アスコーナ・ロンコ》1927年、水彩、グアッシュ・紙、厚紙に貼付、ベルン美術館
  • ネーベルの肖像写真 1937年 (オットー・ネーベル財団提供)
  • 「ドゥ マゴ パリ」「スイスフロマージュの盛り合わせ」(1,300円)
  • 映画『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』
渋谷区「Bunkamura ザ・ミュージアム」にて、「オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代」が12月17日(日)まで、開催中だ。

ドイツ・ベルリンに生まれ育ち、のちにスイスで活動した画家、オットー・ネーベル(1892~1973)の日本初の回顧展だ。

◆画家オットー・ネーベルの軌跡を辿る


1920年代半ばにドイツのワイマールに滞在したネーベルは、現代美術に大きな影響を与えたバウハウス(造形芸術学校)でカンディンスキーやクレーと出会い、長きにわたる友情を育んだ。


本展では建築、演劇、音楽、抽象、近東など彼が手がけた主要なテーマに沿って、クレー、カンディンスキー、シャガールなど、ネーベルが影響を受けた同時代の作家の作品も併せて紹介することで、ネーベルが様々な画風を実験的に取り入れながら独自のスタイルを確立していく過程に迫る。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top