SKE北川綾巴 18歳の1年は「1番辛く悩む事も多かった」、支えてくれたファンに感謝 | NewsCafe

SKE北川綾巴 18歳の1年は「1番辛く悩む事も多かった」、支えてくれたファンに感謝

芸能 ニュース

アイドルグループSKE48のチームS・リーダーを務め、AKB48のメンバーも兼任する北川綾巴が11日、SKE48のアメブロを更新し、19歳の誕生日を迎えたことを明かした。

「19歳になりました! チームS リーダー 北川綾巴です」と切り出すと、9日の誕生日当日に行われた「生誕祭」と称されるバースデーライブを振り返った。

生誕祭で行われるスピーチの内容について、北川は「本当のキモチを話すべきか それともただただ前向きな発言をするか。」と直前まで悩んでいたと言うが、結果的に「1番に話したかった事。 この1年で1番 悔しかった事。 ずっと心のどこかで 引っかかっていた もやもやしていた 総選挙の事。」として、昨年と同じ順位である64位を記録した選抜総選挙について語ったと報告。

選抜総選挙で思うような結果を残せず、「ランクアップできなかったのも SKEの為に何も貢献出来てない自分が 全部全部 嫌になり 自暴自棄になってしまって。」「落ち込んでる自分を隠すのに必死で どうしようもない時もあった」などという苦悩を明かした。

その一方で、ファンや周りの人が「本当のキモチを言っても 迷惑じゃないし。なんなら嬉しいよ。」と北川を支えてくれていていたといい、最終的には「18歳の1年は 正直SKEに入って1番辛く。 悩む事も多かったけど。 皆から支えられた1年だったなと 思います」と結論付け、周囲への感謝を言葉にした。

ファンからは「本当に大好きです」「これからもますますりょうはを応援します。」「自分にとって綾巴は自慢の推しです。」など温かいコメントが続々寄せられた。
《アメーバニュース》

特集

page top