プロ野球選手会が「山口俊事件」を利用して要求する問題 | NewsCafe

プロ野球選手会が「山口俊事件」を利用して要求する問題

芸能 ニュース
プロ野球選手会が「山口俊事件」を利用して要求する問題

読売ジャイアンツと日本野球機構(NPB)が、日本プロ野球選手会に対し、暴力トラブルを起こした山口俊投手に対する処分の回答書を提出した。


【関連】 巨人・山口俊投手の事件で注目された中日・森繁和監督の発言

選手会は暴行と器物破損で書類送検された山口に対する巨人の処分が重過ぎるとし、その見直しを要望していた。総額1億円以上の罰金、減俸は重過ぎるとし、契約解除をにおわせて複数年契約の見直しに同意させたのは野球協約や独占禁止法に違反する、というのが選手会側の主張だ。だが、12球団実行委員会、巨人、NPBで再検討した結果、処分内容は妥当との結論に至り、文書で選手会へ回答したのだ。


これを受けて、選手会側が今後どう動くのかに注目が集まっている。


「選手会側は『回答には感謝する』とは言ったものの、東京都労働委員会などに訴え出ることを示唆しています」(スポーツ紙記者)


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top