綾瀬はるか新ドラマに早くも心配される「視聴率下降の法則」 | NewsCafe

綾瀬はるか新ドラマに早くも心配される「視聴率下降の法則」

芸能 ニュース

綾瀬はるか新ドラマに早くも心配される「視聴率下降の法則」

10月4日から始まった連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)で、主演の綾瀬はるかのアクションシーンが絶賛されている。


【関連】 綾瀬はるか新ドラマ「初回から期待に反した」と話題に

第1話では、綾瀬の演じる伊佐山菜美の過去が明らかになった。菜美は中華人民共和国の某所で、マフィアと見られる男らに捕らえられていたのだが、菜美はある国家に雇われた特殊工作員で、捕まったふりをしてここに潜入し、ある男を連れて脱出することが目的としていたのだ。菜美は生まれてすぐに捨てられたため、生きていくためにこの工作員の仕事を選択するしかなかった。特殊工作員になって10年、スリルとサスペンスにあふれた毎日は楽しかったが、半年前にこの世界から去ろうと決意し、平凡な主婦になった。


菜美は隣人の主婦の優里(広末涼子)と京子(本田翼)に誘われて料理教室に通うことに。人生の知識豊富なお姉さん的存在の優里と、好奇心旺盛で人懐っこい妹的存在の京子。料理の味付けの仕方から、夫をその気にさせるムードの作り方など、いままで縁のなかった“主婦の知恵”についてふたりからアドバイスを受けるなかで、菜美は生まれて初めての女友達との友情を育んでいく。


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top