えげつない「週刊誌スクープ写真」の撮影手口 | NewsCafe

えげつない「週刊誌スクープ写真」の撮影手口

芸能 ニュース

えげつない「週刊誌スクープ写真」の撮影手口

今年の芸能ニュースも、昨年に引き続き不倫のスクープが多い。


【関連】 テレビ報道にミサイル問題より「不倫報道」が多い理由

不倫や熱愛の報道は、証拠になる写真の撮影が必須だが、どのようにして撮影されているのか難易度別に見てみよう。


まずは、最近では斉藤由貴、山尾志桜里が撮られていた宿泊時の写真。これまでも多くの芸能人が撮られてきたが、これは証拠写真としては基本的なもので、撮る側の難易度は高くない。


「ふたり一緒の撮影が無理な場合、別々に同じマンションなどに出入りする様子を押さえる必要があります。斉藤の場合は、横浜中華街付近の斉藤の事務所、山尾氏は渋谷区の閑静な住宅街にある倉持弁護士のマンションに出入りする姿が撮影されました。こういう写真を撮る際、取材チームが気をつけるのは、その場所に溶け込むことです。下手すると付近住民に通報されることもあります。そのため商業地では軽トラ、高級住宅街では高級車に乗って張り込み、服装もその場所で浮かないよう気をつけます」(写真週刊誌記者)


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top