ソフトB森が“珍守” ピッチャー返しを足の裏で“ナイストラップ”!? | NewsCafe

ソフトB森が“珍守” ピッチャー返しを足の裏で“ナイストラップ”!?

スポーツ ニュース

■足裏で止めた後、ボールを拾って一塁へ送球

 ソフトバンクの森唯斗投手が“ナイストラップ”を見せた。26日のロッテ戦(ヤフオクD)。珍しい形での好プレーは9回に起きた。

 1点ビハインドの9回にマウンドに上がった森。大嶺翔、田村を連続中飛に打ち取り、2死とすると、サッカー選手のようなプレーは清田の打席で起きた。2ボール1ストライクからの4球目。真っ直ぐをはじき返した打球は、右腕の右足の足元を襲った。

 森はこの打球に少しだけ足を浮かせると、足裏でボールを“トラップ”。小さくバウンドしたボールを拾うと、そのまま一塁へと送球し、アウトにした。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)
《Full-count》

特集

page top