鈴木砂羽が“降板騒動”で失脚!「バラエティ女優枠」の後釜は、あの朝ドラ女優? | NewsCafe

鈴木砂羽が“降板騒動”で失脚!「バラエティ女優枠」の後釜は、あの朝ドラ女優?

社会 ニュース

ここ数日、世の中をにぎわせた女優・鈴木砂羽の土下座強要騒動。バラエティ番組でも存在感を発揮してきた鈴木だが、今回の一件によるダメージは避けられず、テレビ業界では早くもバラエティ番組の"女優枠"をめぐる議論が始まっている。

 今回の騒動は、鈴木が初演出を務めた舞台で起きたもので、公演初日の2日前に出演女優2人がドタキャンし、「人道にもとる数々の行為を受けた」と告白。「罵声を浴びた」「土下座を強要された」と主張した2人は、18日にそれぞれブログで事実上の終結宣言を出し、鈴木は罵声や土下座強要の事実そのものを否定している。

 舞台はすでに千秋楽を迎えたが、ビートたけしや和田アキ子、松本人志、梅沢富美男といった大物が次々とコメントを述べ、騒動は収束する気配がない。これは鈴木の活動にも大きく影響しそうだ。テレビ関係者が語る。

「鈴木といえば、酒にまつわるエピソードや、過去の男性関係、貧乏だった下積み時代などを赤裸々に告白し、バラエティ番組で大変重宝されてきました。中でも『幸せ! ボンビーガール』(日本テレビ系)では、激安アパートを訪問し、便器にまたがる様子まで披露。お笑い芸人顔負けのリポートは評判でした。しかし、そういった"ハチャメチャさ"は、キャラだから成立するもの。土下座を強要したり、罵声を浴びせたという話が出れば、話は違ってくる。ネットの声を見ても、鈴木に厳しい意見が多いですし、番組制作側は『いじめ』や『パワハラ』といった単語にはことさら敏感になっていますから、鈴木のぶっちゃけキャラは、バラエティでは当分使えないですね」
《サイゾー》

特集

page top