宮根誠司「新人アナへの忠告」に批判殺到!? | NewsCafe

宮根誠司「新人アナへの忠告」に批判殺到!?

芸能 日刊大衆/sup/news3

宮根誠司「新人アナへの忠告」に批判殺到!?
9月13日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に、今年4月に読売テレビへ入社したばかりの新人、中村秀香アナウンサー(22)が出演。司会の宮根誠司(54)が、そんな中村アナに放ったひと言に対し、視聴者から批判が殺到しているようだ。

 ふだん番組司会を務めている林マオアナウンサー(32)が夏休み中ということで、この日は中村アナがピンチヒッターとして出演。新人らしからぬ落ち着きぶりを見せて、見事代打司会を務めきった。

 放送の最後で、宮根アナは「(中村アナは)おなかから声が出ているのが素晴らしい。普通(の新人)だったら緊張してなかなか出ない」と中村アナを高評価。「まだ入社半年でしょ? 僕なんてボロボロでしたから。もう無理だと思って、辞めようと思ってました」と自身の新人時代と比較した。これに中村アナは、番組放送中に何度も宮根に助けてもらったことを明かし、「私は、今日は何もしていません」と反省していた。
《日刊大衆》

特集

page top