良いペットショップ・悪いペットショップの見極め方 | NewsCafe

良いペットショップ・悪いペットショップの見極め方

ビックリ ニュース
良いペットショップ・悪いペットショップの見極め方
『良いペットショップ』と『悪いペットショップ』とは?


ショーケースの中に入れられた子犬たちを見て、とても驚く出来事がありました。


狭いショーケースの中は、おしっことうんちだらけ
子犬のお尻にウンチがこびりついている
子犬のカラダがおしっこでびしょ濡れになっている
毛はボッサボサのまま
目ヤニがたくさん付いている


など、全くお手入れをされた様子がありませんでした。


「この子たちは大切にされていないのかしら…」そんな気持ちでとても切なくなりました。


店舗の外にあるドッグランには親犬たちがいたのですが、とても汚らしく、お手入れをされている様子がありませんでした。


これは、確実に『悪いペットショップ』の例なのではないでしょうか。

良いペットショップと悪いペットショップの見極め方とは?


実店舗を持つペットショップにとって、お客様とのトラブルは信用を失ってしまうことにもなりますし、直接ブリーダーから仕入れる場合も、競り市で仕入れる場合も、業者から仕入れる場合も、利益以上にブリーダー選びは重要なことです。
《わんちゃんホンポ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top