丸、安部、松山、小窪…10年後に実を結んだ広島カープ2007年のドラフト | NewsCafe

丸、安部、松山、小窪…10年後に実を結んだ広島カープ2007年のドラフト

スポーツ ニュース

■広島が10年前に蒔いた“種”

 今から10年前、広島東洋カープのファンは、憂鬱な気分でオフを迎えていた。この年は、首位巨人に19.5ゲーム差をつけられて5位。この年からセでも始まったクライマックスシリーズには出ることができなかった。そして開幕投手を務めた黒田博樹と、主砲の新井貴浩がFA宣言をした。しかし実はこの年に、今の広島躍進へ向けた大きな一手が打たれたのだった。

 この年は、高校と大学・社会人のドラフトが別の日に行われた。高校のドラフトは10月3日、ペナントレースがまだ行われている中で開かれた。この年の高校の目玉は、155キロの速球を誇る仙台育英高の佐藤由規と高校通算87本塁打の大阪桐蔭高・中田翔、そして千葉・成田高の唐川侑己だった。

 中田翔は大阪の高校に進んだが、実は広島市出身。カープ関係者と面識のある親族もいたが、広島は中田をあえて避けて、唐川侑己を指名した。しかし唐川はロッテと競合し、くじ引きで敗れる。広島は外れ1位として福岡大城東高の安部友裕を指名。安部は高校球界屈指の遊撃手として知られ、シャープな左打者としても評価が高かった。
《Full-count》

特集

page top