騒然「過保護のカホコ」最終回に爆弾ナレーション | NewsCafe

騒然「過保護のカホコ」最終回に爆弾ナレーション

芸能 ニュース

騒然「過保護のカホコ」最終回に爆弾ナレーション

9月12日に連続ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)が最終回を迎えた。視聴者は「続編の可能性があるのでは」と想像している。


【関連】 急展開「過保護のカホコ」困惑視聴者を置き去り視聴率は好調

最終話では根本加穂子(高畑充希)と麦野初(竹内涼真)が結婚することを決め、泉(黒木瞳)や正高(時任三郎)の元へ挨拶に行く。


正高は賛成するが、泉は反対し、麦野に結婚の覚悟や責任感を問うた。麦野は「加穂子と離れたくない、家族になりたい、そばにいて手を離さない」と想いをぶつけたが、泉は「勝手にすれば」と席を離れた。正高は泉に「根本加穂子を守る壁だったけど、いまはおれらが乗り越えられない壁になってないか? いまが乗り越えるチャンスだぞ」と過保護な状態から脱却するよう促す。正高の言葉が響いたのか泉は結婚式の準備を進めた。


《まいじつ》
page top