初音映莉子&高良健吾ら、話題のバックハグ再現<月と雷> | NewsCafe

初音映莉子&高良健吾ら、話題のバックハグ再現<月と雷>

芸能 モデルプレス/ent/movie

【初音映莉子・高良健吾/モデルプレス=9月13日】女優の初音映莉子と俳優の高良健吾が13日、都内で行われた映画『月と雷』(10月7日公開)の完成披露試写会に出席した。

【さらに写真を見る】初音映莉子&高良健吾、話題のバックハグ再現<月と雷>

世代を超えて愛される直木賞作家・角田光代の長編小説を映画化した同作。この日は二人のほかに、草刈民代、藤井武美、木場勝己、安藤尋監督が登壇した。フォトセッションでは“バックハグ”で話題となった本作のポスターになぞらえて、全員バックハグでの撮影も行われた。

◆共演を振り返る

幼少期に母が家出したことで“普通の家庭”を知らずに育った泰子を演じた初音は「愛と魂を込めて作りました」と挨拶。泰子の父親の愛人の息子で、幼少期の短い期間、泰子と暮らした経験を持ち、根無し草のように生きる智(さとる)を演じた高良は、10年越しの願いががかなっての安藤尋監督の作品に初出演し「念願の安藤組です」と感慨深げ。
《モデルプレス》

特集

page top