芦田愛菜が知性見せるも「周囲の大人」に賛否両論 | NewsCafe

芦田愛菜が知性見せるも「周囲の大人」に賛否両論

芸能 ニュース

芦田愛菜が知性見せるも「周囲の大人」に賛否両論

9月12日放送の『この差って何ですか?』(TBS系)に芦田愛菜が出演した。名門私立中学校へ進学した芦田に対して、頭の回転のよさや機転が利くところをを絶賛する視聴者がいる一方で、育ちのよさアピールしたことをを嫌がる人々の書き込みも多く、賛否両論がわき起こっている。


【関連】 芦田愛菜が「泥だらけで重労働」してでも出演したかった番組

“物事の差”の違いを検証する同番組に、芦田はゲストとして出演した。この日は《1カ月》と《1ケ月》の表記の違いや、《チャーハン》と《焼き飯》の呼称の分け方などを検証していった。


芦田は最初に、「チャーハンは強火で焼くが、焼き飯はじっくり焼くイメージ」と答えていた。しかし真実は、東日本の場合はチャーハン、西日本は焼き飯と呼ぶ場合が多いというもの。この最初のテーマは的外れな予想だったが、「硬貨にだけ製造年が入っている理由は?」という検証材料についてはは「お札はデザインが変わるが、硬貨はデザインが変わっているイメージが少ない。ずっと使い続けられる。何年かおきに入れ替えるため(に製造年を変えている)かなあ」と答え、見事に当ててみせた。


《まいじつ》
page top