呪われた前原誠司「民進党代表就任」でまた問題 | NewsCafe

呪われた前原誠司「民進党代表就任」でまた問題

政治 ニュース

呪われた前原誠司「民進党代表就任」でまた問題

民進党の前原誠司代表による新たな体制がスタートした。


【関連】 民進党・山尾志桜里議員に「文春砲」炸裂

しかし、幹事長に内定していた山尾志桜里元政調会長の起用を直前に撤回し、大島敦元総務副大臣を任命する前代未聞のトラブルが発生。9月6日に発売された『週刊文春』によって、山尾議員の不倫疑惑が背景にあったことが判明した。


民進党は新たな船出を果たしたばかりだが、前原体制に不満を持つ議員たちが、今回の人事経緯ついても爆発寸前だという。


「前原代表は、いつもそばに“イエスマン”しか置きません。代表の座を争った枝野幸男議員のグループも仲間内に取り込みたい意向ですが、『どうせ優遇されない』として距離を置かれているのが実情です。さらに前原代表は、自分の言うことを聞かないと、仲がいい側近でもすぐに冷遇するから怖いともっぱらの評判になっています。一方で八方美人であることも有名で、仲が悪いはずの同僚議員のパーティーに数分だけ顔を出したりすることもあります」(全国紙政治部記者)


《まいじつ》
page top