フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ【Fashion in Finland_vol.3】 2ページ目 | NewsCafe

フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ【Fashion in Finland_vol.3】

ビックリ fashion-headline/Life/Life
フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ
  • フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ
  • フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ
  • フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ
  • フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ
  • フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ
  • フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ
  • フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ
  • インスタレーションの翌日、インタビューに応じてくれたサス・カウッピさん
インスタレーションの翌日、インタビューに応じてくれたサス・カウッピさん

「1年に多くて4回、少なくても2回のコレクションを展開するっていうのに疲れを感じてしまって、一旦すべてを休止することにしました。その後、アメリカ・ロサンゼルスに一時拠点を移して、カニエ・ウエスト氏が手掛けるアディダスとのコラボレーションブランド、イージー・ブースト(YEEZY BOOST)に携わりました。僕自身のプロジェクトとなるトリプルエスユー(SSSU)を立ち上げたのは、アメリカから帰国した2016年のこと。サス・カウッピの時とは違って、オーディエンスのリアクションを見ながら、とりあえずやってみようというラフなスタンスで始めたんです。だからブランドとは言わずに、あえてプロジェクトと呼んでいるんですよ」






いくつか女性用にデザインしたアイテムもあるそうですが、展開されるデザインはユニセックスが基本。カウッピさんはそのデザインを男性のための男性服であり、女性のための男性服と表現します。
《Jun Igarashi》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top