フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ【Fashion in Finland_vol.3】 | NewsCafe

フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ【Fashion in Finland_vol.3】

ビックリ fashion-headline/Life/Life
フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ
  • フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ
  • フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ
  • フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ
  • フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ
  • フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ
  • フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ
  • フィンランドの実力派若手デザイナーが追求するファッションとリアリティ
  • インスタレーションの翌日、インタビューに応じてくれたサス・カウッピさん
テキスタイルと優れた機能性が代表するフィンランドのファッションデザイン。その一方で、時には挑戦的にコンテンポラリーなデザインを追求する若手デザイナーもいます。

今年5月にヘルシンキ市内で開催されたヘルシンキファッションウィーク期間中に、インスタレーションという形で新プロジェクト、トリプルエスユー(SSSU)を発表したフィンランド出身のデザイナー、サス・カウッピさん。慎重派で控えめな国柄の土地で、エッジーでスポンテニアスな世界を追求する彼のアトリエを訪ねました。




カウッピさんはヘルシンキの大学でファッションを学んだ後、イギリス・ロンドンの名門美術大学、セントラル・セント・マーチンズでメンズウェアの文修士号コースを専攻。2011年に発表したハイエンドなスポーツウェアがテーマの卒業コレクションで注目を集めます。卒業後、サス・カウッピ(SASU KAUPPI)の名前でブランドを立ち上げ、約10コレクションを発表。日本を含めた世界中のセレクトショップで、アイテムがストックされていました。ただ、コレクションの制作を重ねる度に、そのスピード感に疲れを感じるようにもなったと話します。そして創設から5年が経過したことを機に、一旦ブランドを休止する決断。
《Jun Igarashi》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top