桑田真澄「エースをあきらめた」天才ライバルとは? | NewsCafe

桑田真澄「エースをあきらめた」天才ライバルとは?

芸能 日刊大衆/sup/news3

桑田真澄「エースをあきらめた」天才ライバルとは?
8月27日放送の『消えた天才〜一流アスリート』(TBS系)に元読売ジャイアンツの桑田真澄(49)が出演。PL学園で「絶対に勝てない」と思った同級生の天才投手について語っていた。

 この番組は、超一流アスリートが競技人生の中で遭遇し、衝撃を受けた“天才”について告白するというもの。番組の終盤、VTRで桑田について紹介し、巨人のエースとして活躍し、プロ通算173勝、最優秀防御率2回、39歳でメジャーリーグに挑戦。高校時代は戦後最高の甲子園20勝を挙げ、2度の優勝。PL学園の同級生、清原和博(50)とKKコンビとして活躍したと説明された。

 そんな桑田だったが、PL学園の同級生にどうしても勝てない天才投手がいたそうで、「この人にはかなわないって選手がいまして、目の前が真っ暗になりましたね。こんなすごいピッチャーがいるんだって」と、桑田は彼との出会いを振り返った。さらに、その天才投手は身長192センチのイケメンで日本ハムファイターズの大谷翔平投手(23)よりも投球に角度があって「ボールがビューン! と伸びる」と桑田は語り、清原とKKコンビと呼ばれていたが「もしかしたらKKではなく、TKコンビと言われていたかもしれない」と明かした。
《日刊大衆》

特集

page top