代打安打のMLB記録迫るイチロー、米紙に複雑心境吐露 記録は“やり抜く力に” | NewsCafe

代打安打のMLB記録迫るイチロー、米紙に複雑心境吐露 記録は“やり抜く力に”

スポーツ ニュース

■代打安打は今季両リーグトップの20本、球団記録王手&メジャー記録に「8」

 1シーズンの代打安打の球団記録、メジャー記録に迫るマーリンズのイチロー外野手が地元紙に現在の起用法や記録への思いを語っている。地元紙「マイアミ・ヘラルド」電子版が「マーリンズはピンチに陥ると、イチローを頼る」との見出しで特集している。

 チームで4番手の外野手として位置づけられている43歳は今季代打で両リーグトップの20安打をマーク。ロス・グロードが2009年にマークした球団記録の21本に「1」、またジョン・バンダーウォールが1995年に記録したメジャー記録の28本に「8」と迫っている。ここまで代打で2試合連続のヒットを放っているが、3-1と勝利した18日(日本時間19日)の敵地メッツ戦では9回にネクストバッターズサークルに立ちながら、前打者が凡退し、出番は回ってこなかった。

 この試合前、「マイアミ・ヘラルド」はイチローの代打に着目する特集記事を掲載。「イチロー・スズキはマーリンズのシーズン代打安打記録を更新するだろう。彼はメジャーリーグの記録を更新する可能性もある」とレポートし、記録の更新に期待を寄せた。
《Full-count》

特集

page top