ファンも選手も笑顔に ロッテが仕掛ける“ファンのため”のイベント | NewsCafe

ファンも選手も笑顔に ロッテが仕掛ける“ファンのため”のイベント

スポーツ ニュース

8月11日から13日の3連戦、ZOZOマリンスタジアムでは「パ・リーグ親子ヒーロープロジェクト」が行われた【写真:(C)PLM】
■ファンがベイブレード大会で涌井&角中と対戦

 試合前後に行われた「選手と水かけ祭り」、試合後には1000発の花火、そして充実の子供向けイベント。夏の風物詩が勢ぞろいのZOZOマリンスタジアムは、子供だけでなく大人も一緒になって楽しめるレジャースポットと化していた。

 8月11日から13日の3連戦。ZOZOマリンスタジアムでは、パ・リーグ6球団共同企画「パ・リーグ親子ヒーロープロジェクト」が行われ、最終日となる13日には、月1回のファン感謝デー「マリンフェスタ」が同時開催された。

 試合開始の約2時間前、ボールパークステージ近辺の特設YAGURAでは、井口と唐川、そして南が「選手と水かけ祭り」に参加。30度を超える暑さの中で、涼が感じられる“オアシス”にたくさんのファンが集った。

 特設YAGURAから目と鼻の先にあるFゲート付近では「ベイブレードバースト選手大会」が行われ、勝ち抜きバトルに連勝して挑戦権を得た小学生のチャレンジャーと、マリーンズの選手が1回限りの真剣勝負を実施。「絶対に負けないからな!」と気合十分で登場した涌井と角中との対戦という、夢のようなひと時を楽しんだ。その後、小学生との対戦を終えた涌井と角中が直接対決を行い、最初のバトルでミスをした角中が「もう1回……」とお願いする場面も。最後には、少年時代に戻ったかのような笑顔を見せ、会場を後にした。
《Full-count》

特集

page top