有村架純、のん、芦田愛菜の“共通点”とは? | NewsCafe

有村架純、のん、芦田愛菜の“共通点”とは?

芸能 日刊大衆/sup/news3

有村架純、のん、芦田愛菜の“共通点”とは?
現在放送中のNHKの連続テレビ小説『ひよっこ』。父を探すため、茨城から上京してきたヒロインを演じているのは、女優の有村架純(24)だ。有村は新聞のインタビューで「茨城弁を習得するのに苦労した」と語っていたが、彼女の出身地は関東ですらなく、関西の兵庫県である。そんな有村を筆頭に、実は“関西出身”だという女優は意外に少なくはない。

 現在は関西弁のイメージがあまりない有村だが、過去に関西弁が原因で事務所のオーディションを落とされた経験があるという。2014年に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、有村が面接に落ちた際のエピソードを告白。そのとき「関西弁を標準語に直す練習をしてきて」と言われたことを明かしていた。その1年後、再び同じ事務所の面接を受けて合格し、現在の活躍につながっている。いわば関西弁を“封印”することになった有村だが、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)に出演した際、木梨憲武(55)からノリツッコミをリクエストされた。それに対して「書けるかーい!」と関西弁を披露。その後も、まれにバラエティ番組でかわいらしい関西弁をしゃべっては、ファンの心をつかんでいる。
《日刊大衆》

特集

page top