昭和の子供たちの「猟奇的好奇心」を満たしたミイラ特集 | NewsCafe

昭和の子供たちの「猟奇的好奇心」を満たしたミイラ特集

ビックリ ニュース

昭和の子供たちの「猟奇的好奇心」を満たしたミイラ特集

トム・クルーズ主演のミイラ映画『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』が好評上映中だ。ミイラは欧米ではドラキュラ、フランケンシュタイン、狼男に次ぐ不動の人気モンスター。しかし、日本ではミイラは怪物というより、偉いお坊さんの即身仏というイメージが大きいかもしれない。


1960~1970年代、ミイラは頻繁にマスコミに登場した人気コンテンツだった。干からびた骸骨といえど、ぶっちゃけ死体だ。死体が人々の目に触れることがご法度の時代、人々の猟奇的なものへの好奇心を満足させるにはミイラはもってこいだったに違いない。


子供向けメディアでは『少年マガジン』、『少年キング』などの週刊漫画誌がミイラ特集をたびたび組んでいた。そして、競い合って日本や世界のミイラを発掘し、スクープ合戦を行っていた。


まずは日本国内のミイラを見てみよう。


《まいじつ》
page top