激化するパ奪三振王争い…スタートダッシュの則本か、ペースアップの菊池か | NewsCafe

激化するパ奪三振王争い…スタートダッシュの則本か、ペースアップの菊池か

スポーツ ニュース

■則本はMLB記録に並ぶ8試合連続2桁奪三振を記録

 今季達成された「球史に残る記録」の筆頭格は、楽天の則本昂大が4月19日から6月8日にかけて達成した「8試合連続2桁奪三振」だろう。それまで野茂英雄が保持した6試合連続というNPB記録を抜き、MLBの記録に並んだ。しかし、それ以後ペースは落ち、8月12日のオリックス戦は完封したものの7奪三振にとどまり、今季の奪三振数を158として西武の菊池雄星とリーグ首位を分け合う。

 則本は記録期間中の8試合を7勝0敗、90奪三振、64回を投げて自責点16、防御率2.25という好成績を残した。このペースなら、4年連続の奪三振王は当確と思われた。だが、それ以後の登板7試合では、2桁奪三振を記録したのは1試合だけ。3勝2敗、56奪三振、49回を投げて自責点20、防御率3.67。決して不調という成績ではないが、記録続行中に比べればやや調子を落としているとも言える。一方で、この間に菊池雄星が、どんどん調子を上げてきた。
《Full-count》

特集

page top