ハリボテ内閣は前途多難!? 安倍政権「7つの爆弾」 | NewsCafe

ハリボテ内閣は前途多難!? 安倍政権「7つの爆弾」

ビックリ ニュース

人心一新を掲げたものの、なんとも地味な面々。友の裏切り、敵の襲撃、新スキャンダルと、問題は山積み!

 8月3日に内閣改造を断行した安倍晋三首相。20%台まで急落した支持率回復を狙い、一時は橋下徹前大阪市長や小泉進次郎農林部会長らのサプライズ入閣が噂されていた。しかし、蓋を開けてみると――。「大きなサプライズはなく、これまでの政権運営を“改心”した様子もなし。これでダメならば潔く政権を手放そうという“覚悟”もなく、打算ばかりが透けて見える改造でしたね」(全国紙政治部ベテラン記者)

 問題閣僚の首はすげ替えたものの、麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官ら内閣の骨格はそのまま。小泉進次郎氏の入閣も実現せず、筆頭副幹事長に就任した。「首相は当初、衆院議長まで務めた伊吹文明氏の文科相起用を改造の柱にするつもりでした。文部科学省は、加計学園の獣医学部新設をめぐって官邸に叛旗を翻した“霞が関の乱”の本丸。大物で文部行政に明るい伊吹氏を抜擢し、“反乱の鎮圧”を期待していたんです」(自民党関係者)
《日刊大衆》

特集

page top