米バージニア州の白人主義集会で衝突、死者も=車突入、ヘリ墜落―トランプ氏に批判 | NewsCafe

米バージニア州の白人主義集会で衝突、死者も=車突入、ヘリ墜落―トランプ氏に批判

海外 ニュース

 【ワシントン時事】米バージニア州シャーロッツビルで12日、白人至上主義団体や極右団体が予定していた集会の参加者と、反対派の衝突が相次ぎ、マコーリフ州知事が非常事態を宣言した。反対派の集団に車が突入する事件やヘリコプター墜落で計3人が死亡。事態を受けトランプ大統領は「暴力」を非難したが、人種差別への直接的な言及を避けたため、批判の声が上がっている。
 警察によれば、集会反対派が行進中、高速で走行してきた車が突っ込み、32歳の女性が死亡、19人が重軽傷を負った。警察は、運転していたオハイオ州の白人の男(20)を殺人などの容疑で逮捕した。米メディアによれば、連邦捜査局(FBI)は人種偏見に基づく犯罪の可能性について捜査を始めた。
 また、騒乱に対応する警官隊を運んでいたヘリが市郊外で墜落し、2人が死亡した。墜落原因などは調査中という。
 トランプ大統領は滞在先のニュージャージー州で「憎悪と偏見と暴力の表れを最も強い言葉で非難する」と表明。「早急に法と秩序を取り戻し、罪のない人々の命を守ることが何より重要だ」と訴えたが、白人至上主義には言及しなかった。
《時事通信社》

特集

page top