WHOが「未来の食物」と称する【アマランサス】で白米の栄養価アップ | NewsCafe

WHOが「未来の食物」と称する【アマランサス】で白米の栄養価アップ

ビックリ オリーブオイルをひとまわし

WHOが「未来の食物」と称する【アマランサス】で白米の栄養価アップ
  • WHOが「未来の食物」と称する【アマランサス】で白米の栄養価アップ

オリジナルサイトで読む >

WHOが「未来の食物」と称する【アマランサス】で白米の栄養価アップ

「スーパーグレイン」と呼ばれ、その高い栄養価に注目が集まっているアマランサスをご存知だろうか。WHO(世界保健機構)が「未来の食物」と称しているほどの高栄養価穀物であるアマランサスを紹介しよう。

1. アマランサスがスーパーグレインと呼ばれる理由とは!?

アマランサスはヒユ科の植物で、古くは古代インカ帝国時代に食用として用いられていた。栄養価は精白米と比べてカルシウムが約30倍、鉄分は約50倍、繊維質は約8倍と極めて高い。また他の穀物に比べてもカルシウム、鉄分、必須アミノ酸などの含有量が圧倒的に多く、穀物の中での栄養バランスはトップクラスだ。そこがスーパーグレインといわれる所以なのだ。現代の食生活ではミネラルが不足しがちで、短期的に欠乏すると新陳代謝が低下し、長期的に欠乏すると生活習慣病などにもつながる。アマランサスのようにバランスよくミネラルが含まれている食品を積極的に取り、ミネラルの欠乏を防ぎたいものだ。

2. 手間いらず!アマランサスの簡単な食べ方

アマランサスは粒状の穀物で、火を通すと柔らかく消化しやすくなる。白米に入れる場合は、目の細かいザルでサッと水洗いし、米1合あたりアマランサスを大さじ2~3杯ほど加えて、通常の水量で炊くだけ。プチプチとした食感が楽しく、主食の栄養価がぐっと上がるのでオススメだ。

また、洗ってから、沸騰した湯で8~10分ほど茹でて水を切るだけで、サラダやスープ、炒め物など様々な料理に合い食感のアクセントにもなる。柔らかめが好みの場合は、水を切った後蓋をしてしばらく蒸らそう。

結論

アマランサスは簡単な手間で、いろいろな料理の栄養価をアップすることができる優れた穀物だ。栄養バランスが崩れていると感じる人は積極的に取り入れてみてはいかがだろうか。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

《オリーブオイルをひとまわし編集部》
page top