広島と長野にある「日本一短い県道」、どちらが日本一? その驚きの「短さ」とは | NewsCafe

広島と長野にある「日本一短い県道」、どちらが日本一? その驚きの「短さ」とは

ビックリ ニュース

広島県に「日本一短い」とうたわれている県道がありますが、長野県にはこれよりも短いとされる県道が存在します。いずれも、どれほどの長さで、「日本一」はどちらなのでしょうか。

長さよりも「幅」のほうが広い!?

「日本一短い国道」は、神戸市にある国道174号で、およそ187mです。県道になるとこれよりもさらに短いのですが、実は「日本一短い県道」には、ふたつの説が存在します。

 うちひとつは、広島県呉市内にある広島県道204号安登(あと)停車場線です。JR呉線・安登駅の駅前広場から、国道185号までの区間で、長さはわずか10.5m。幅は18.7mで、長さより幅のほうが上回っているというものです。現地には地元の安浦町観光協会によって「日本一短い県道」とする案内看板が立てられています。 広島県西部建設事務所呉支所によると、「1960(昭和35)年10月に県道に認定されていますが、そのときから現在と同じ長さです。区間は安登停車場(駅)から国道185号交点までとされています」といいます。 観光協会が「日本一短い県道」の案内看板を立てたのは、2007(平成19)年のことだそうですが、安浦町まちづくり協議会によると「その後、“実延長”ではもっと短い県道が長野県にあることがわかり、現在ウェブサイトでは『総延長で日本一短い県道』としています」と話します。 10.5mよりも短いとされる長野県の「日本一短い県道」は、果たしてどれほど短いのでしょうか。また、「総延長で」とは、どういう意味なのでしょうか。
《乗りものニュース》

特集

page top