人によっては少量でも。カフェイン中毒になるのはどんな時なのか | NewsCafe

人によっては少量でも。カフェイン中毒になるのはどんな時なのか

ビックリ ニュース
人によっては少量でも。カフェイン中毒になるのはどんな時なのか
最近、海外の若者がエナジードリンクなどの飲み過ぎで、急性カフェイン中毒により死亡した例がニュースでも取り上げられていますね。日本でも20代の男性が亡くなっており、コーヒーや紅茶、エナジードリンクが好きな人にとっては怖い話です。急性カフェイン中毒とはどんな時にどのような症状が出るのでしょうか?

カフェイン中毒とは
慢性的にカフェインに依存してしまうカフェイン中毒と、急性期の中毒症状が現れる急性カフェイン中毒に分けられます。今回は命の危険もある急性カフェイン中毒についてご紹介します。一般的な成人の場合、1時間以内に6.5mg/kg以上のカフェインを摂取した場合の約半数、3時間以内に17mg/kg以上のカフェインを摂取した場合はほぼ確実に、急性の中毒症状が発症するといわれています。

体重で換算すると、50kgの人が1時間に325mg、3時間に850mg以上のカフェインを摂取した場合に急性中毒の症状を発症する可能性が極めて高くなるということ。カフェイン量の目安としては、ドリップコーヒーカップ1杯だと約180mg、1時間に2杯以上飲むと急性症状を発症する危険があります。好きな人なら意外と飲めてしまう量ですよね。エナジードリンクだと473ml缶で160mg前後、250ml缶で80mgです。
《サプリ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top