ソフトバンク、恐怖の8番・上林誠知が決勝打…西武の連勝は6でストップ | NewsCafe

ソフトバンク、恐怖の8番・上林誠知が決勝打…西武の連勝は6でストップ

スポーツ サイクルスタイル/スポーツ/短信

野球ボール イメージ
ソフトバンクは5月19日、メットライフドームで西武と対戦。上林誠知外野手の決勝打により、2-1で勝利した。

ソフトバンクは2回表、松田宣浩内野手が今季第7号となるソロ本塁打を放ち、幸先よく1点を先制。その後同点とされるも、7回表には2死三塁の場面で上林が値千金の適時打を放って勝ち越しに成功した。

投げては、先発のバンデンハーク投手が7回1失点の好投を見せ、今季4勝目。敗れた西武は、先発の菊池雄星投手が8回を投げて7奪三振2失点と好投を見せるも、打線が振るわなかった。

ソフトバンクファンからは、「緊迫した試合展開でも、勝てたのはgood まずはカード勝ち越し!!」「まさに粘り勝ち!こういう試合は自信にもなるし次に繋がるしいいですね!」「今回も7番8番の得点か。恐ろしい」「接戦をものにするのは大きいんですよね。精神的にもとても」などの声が寄せられていた。
《浜田哲男》

特集

page top