中日、ビシエドのサヨナラ弾で劇的勝利…広島はジャクソンが誤算 | NewsCafe

中日、ビシエドのサヨナラ弾で劇的勝利…広島はジャクソンが誤算

スポーツ サイクルスタイル/スポーツ/短信

中日は5月19日、ナゴヤドームで広島と対戦。主砲・ビシエド内野手がサヨナラ弾を放ち、5-3と劇的な勝利を飾った。

中日は3-2と1点リードして迎えた9回表、2死一、二塁のピンチを招くと、菊池涼介内野手に適時打を浴び、土壇場で同点とされる。それでも以降は勝ち越しを許さずにリリーフ陣が踏ん張ると、迎えた10回裏にビシエドが2点本塁打を放ち、試合を決めた。

投げては、6番手の佐藤優投手が今季2勝目。敗れた広島は終盤に粘りを見せるも、最後はジャクソン投手が手痛い一発を食らった。

中日ファンからは、「ビシエドありがとー!」「サヨナラホームランは気持ちいいね!」「なんかいろいろあるけどとりあえず勝った!最後まで諦めない!これがドラゴンズ野球!」「神様、仏様、ビシエド様ーー!」「京田の出塁が伏線!」「田島さんは四球死球で自滅して…次はちゃんと抑えてよ」など、ファンからは多くの声が寄せられていた。
《浜田哲男》

特集

page top