ダルビッシュ、「全然いけます」と“志願”の続投 術後最長8回113球で2勝目 | NewsCafe

ダルビッシュ、「全然いけます」と“志願”の続投 術後最長8回113球で2勝目

■8回2失点8Kの快投で今季2勝目、「いけるというところを見せたかった」 レンジャーズのダルビッシュ有投手は23日(日本時間24日)、本拠地でのロイヤルズ戦に先発し、8回113球を投げて5安打2失点8奪三振1四球の好投で2勝目(2敗)を挙げた。8回、113球はともに右肘靭帯再…

スポーツ ニュース
レンジャーズ・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
■8回2失点8Kの快投で今季2勝目、「いけるというところを見せたかった」

 レンジャーズのダルビッシュ有投手は23日(日本時間24日)、本拠地でのロイヤルズ戦に先発し、8回113球を投げて5安打2失点8奪三振1四球の好投で2勝目(2敗)を挙げた。8回、113球はともに右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)復帰後最多。7回まで99球ながら、8回のマウンドにも上がったことについて、ダルビッシュは試合後に「行けるというところを見せたかった」とコメントしている。地元紙「スターテレグラム」が報じた。

 ダルビッシュは0-0で迎えた3回にムスタカス、ボニファシオに2者連続本塁打を浴びて2失点。しかし、3回途中から6回途中まで8打者連続アウトに仕留めるなど、立て直した。すると、打線は4回に逆転。6回にも1点を追加した。

 ダルビッシュは7回、2死から最後はモスを大きく変化するカーブで空振り三振に仕留めて3者凡退。この時点で99球だったが、8回も続投すると、2死から最後はムスタカスを二ゴロに仕留め、「ユーイング」を浴びながら降板となった。113球でストライクは79球。ストライク率は約70%と制球も良く、防御率は3.03となった。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top