【なんだか分かる?】ある「目の錯覚」広告のアイディアが秀逸 / 気付けばアハ! その後に胸がジーン | NewsCafe

【なんだか分かる?】ある「目の錯覚」広告のアイディアが秀逸 / 気付けばアハ! その後に胸がジーン

ビックリ ニュース

素晴らしい広告は国境を越える。地図上に引かれた線をひとっ飛びに超えて、見る者の心をグッとつかむ。これからご紹介するのもそんな広告だ。

デザインの美しさだけでなく、一種の「目の錯覚」を利用したアイディアが秀逸。パッと見ただけでは、なにを訴えているか分からないかもしれないが、気付けば……アハ! そして胸がジーンと熱くなるのだ。

・見つめあう人々&そこに隠されたもの
暗闇の中で、見つめあう人々。背後から照らされる光で、誰もが慈愛に満ちた表情を浮かべていることが分かる。男女、親子、子供同士の3パターンあるが、一体なにを表現しているのだろうか?

例えば、親子が見つめあっている1枚。両親であろう男女が、赤ちゃんを愛おしそうに見つめている。1番上に母親がいて、真ん中あたりに父親。そして1番下に、仰向けに寝転ぶ赤ちゃんが。

この配置には意味があるのだろうかと、細部ばかりを見てしまうが、少し離れて、家族の向こう側の光に眼をやると……あ! 光の輪郭が、犬の形になっているではないか!!
《ロケットニュース24》

特集

page top