月から水資源を取り出せる時代はすぐそこに来ている…民間月面探査レースの先にある未来 | NewsCafe

月から水資源を取り出せる時代はすぐそこに来ている…民間月面探査レースの先にある未来

ビックリ サイクルスタイル/新着/製品/用品

4月21日、宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)で月面探査チーム「HAKUTO」に関するトークイベントが開催された。

世界初のロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE(グーグル・ルナ・エックスプライズ)」に挑戦する「HAKUTO」。

「月は次の大きなマーケットになると思います。月がひとつの資源を生む場所になってくるのです」

そうイベントで淡々と告げたのは、HAKUTO代表の袴田武史氏だ。



国の力を借りず、民間企業のみの力で挑戦となる今回の月面探査レース。国と民間企業の宇宙開発分野におけるパワーバランスは今後どうなっていくのだろうか。袴田氏は語る。
《大日方航》

特集

page top