阪神・藤浪晋太郎が今季初勝利…高山俊の決勝打でDeNAを下す | NewsCafe

阪神・藤浪晋太郎が今季初勝利…高山俊の決勝打でDeNAを下す

スポーツ サイクルスタイル/スポーツ/短信
野球 イメージ(c)Getty Images
阪神は4月13日、横浜スタジアムでDeNAと対戦。投打ががっちりとかみ合い、4-1で勝利した。

阪神は1-1で迎えた9回表、1死二、三塁の好機を作ると、高山俊外野手が値千金の適時打を放って、土壇場で勝ち越しに成功。さらに相手バッテリーのミスで加点すると、上本博紀内野手にも適時二塁打が飛び出し、4-1とリードを広げた。

投げては、先発の藤浪晋太郎投手が8回1失点の好投を見せ、今季初勝利。課題の制球も1四死球と安定し、球数も97球におさえる省エネ投球だった。

対するDeNAは、先発の井納翔一投手が7回1失点と好投を見せたが、打線が援護できなかった。
《浜田哲男》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top