恥ずかしい!思わず言葉を噛んでしまう原因別の対処法 | NewsCafe

恥ずかしい!思わず言葉を噛んでしまう原因別の対処法

思わず言葉を噛んでしまうことが誰にでもありますよね。しっかり感謝を伝えたいのに「ありがとうごぜ、ございます」なんて噛んでしまえば、恥ずかしいことこの上ありません。自分はちゃんと言葉を発しているつもりなのに、なぜか噛んでしまう。それにしても、どうしてわた…

ビックリ ニュース
恥ずかしい!思わず言葉を噛んでしまう原因別の対処法
思わず言葉を噛んでしまうことが誰にでもありますよね。しっかり感謝を伝えたいのに「ありがとうごぜ、ございます」なんて噛んでしまえば、恥ずかしいことこの上ありません。自分はちゃんと言葉を発しているつもりなのに、なぜか噛んでしまう。それにしても、どうしてわたしたちは言葉を噛んでしまうのでしょうか?

噛んでしまう主な2つの原因
言葉を噛んでしまう原因としては、主に神経系が足を引っ張っている場合と、口の動きが足を引っ張っている場合、もしくは両方である可能性が考えられます。まず神経系によるものですが、もっと詳しく言うとなれば、精神的圧迫による緊張などで、言語をつかさどる脳領域の働きが上手くいかない状態のこと。事前にどんなに用意周到に準備をしていたとしても、噛んでしまう方はこれに該当します。



次に口の動きが足を引っ張る場合。これは人のライフスタイルによって、口を動かす機会が減ることにより、口や舌の動きがなまってしまう状態を指します。テレビのアナウンサーの方たちは、常日頃から滑舌トレーニングを行っているので、こうした口の動きがなまる事態となはならず、スラスラと言葉を発することができるわけです。職業柄人と話す機会が少ない、口を動かす機会が少ない方はこれに該当します。
《サプリ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top