春に多い?「関節痛」の原因と対策 | NewsCafe

春に多い?「関節痛」の原因と対策

ビックリ ニュース

春に多い?「関節痛」の原因と対策
執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社とらうべ
春がくると、わくわくした気持ちに包まれる方もいると思いますが、一方で関節の痛みなどの不安がある人もいるようです。
暖かくなると出てくる関節痛。
どうしてそのようなことになるのでしょうか。
今回はその原因と対策について、解説していきます。

関節痛の原因

春の声をきくと、暖かいイメージですが、寒暖差が激しく、それが体に自律神経の乱れなどがあり、それらも影響しています。
また春は、環境の変化がある時季、不安や悩みがストレスになり、痛みとして出やすいのです。
春に関節痛が起こるのは、次のことが関係している可能性があります。

気温湿度の変化

春は、気温は低く、湿度が高い時期になります。
湿度が上がると、痛みの原因となる「ヒスタミン」の濃度が上昇して関節痛が起こります。

花粉症

春は花粉症のシーズンですが、花粉症とともに関節痛を起こす人が多くいます。
《Mocosuku》

特集

page top